YUKIZURI 三都物語

YUKIZURI三都物語外装写真
YUKIZURI三都物語外装写真YUKIZURI三都物語開封した写真YUKIZURI三都物語中身の写真

YUKIZURI 三都物語とYUKIZURIの由来について

YUKIZURI 三都物語はYUKIZURI 富山YUKIZURI、YUKIZURI 福井の三種類が入ったお菓子です。
高級感のある四角い箱に入っていて、贈答品にもピッタリです。

このYUKIZURI 三都物語を手がけるのは石川県の有名洋菓子店であるLE MUSEE DE H(ル ミュゼ ドゥ アッシュ)。

世界大会での優勝経験やテレビ出演、著書出版などたくさんの実績のある辻口博啓(つじぐちひろのぶ)さんがオーナーシェフを務めています。

辻口さんの出身は石川県ということもあり、LE MUSEE DE Hは石川県と富山県にのみ店舗を展開しています。(2017年6月現在)

YUKIZURIは雪から木を守るために行われる雪吊りが由来。
石川県金沢市にある兼六園でも行われ、冬の風物詩として親しまれています。
雪吊りには縄が使われるのですが、YUKIZURI 三都物語の細長くねじったパイはその縄をイメージしているそうです。

雪吊りは基本的に「ゆきつり」と読みますが、金沢の方言では「ゆきづり」と呼ばれることから、YUKIZURIという名前になったとのこと。

「YUKIDURIではないのか?」と思われるかもしれませんが、DではなくZのほうが視認しやすく、さらに金沢という地名にZが含まれることなどからYUKIZURIという名前になったそうです。

ネーミングに関してもとてもこだわりを持っているのがわかりますね。

YUKIZURI 三都物語を食べた感想

いずれのYUKIZURIもサクサクのパイ生地、歯ごたえのあるサブレ、酸味のある梅のハーモニーを楽しめます。

お酒が使われているので、大人向けのお菓子ですが、今までに食べたことないタイプのお菓子だと感じる人も多いはず。新しいもの好きの人にはオススメです。

種類ごとに特徴と感想をまとめておきますね。

YUKIZURI 富山

幻の瀧 名水梅酒が使われているグラスロワイヤル、香ばしいショコラサブレとサクサクのパイ生地を同時に楽しめます。梅の酸味、ショコラのほろ苦さ、パイ生地の甘さが合わさったお菓子です。

これらが一体となっているといよりかは、それぞれの味を楽しめるコントラストが魅力。
食感の移り変わりも楽しいですよ。

YUKIZURI

雪と縄それぞれに見立てたシュガーとサブレ&パイ生地。
フランス伝統菓子のサクリスタンをヒントにして作られました。

他の2つに比べると酸味は少しおさえられているので、そのぶん甘みは強めです。

YUKIZURI 福井

完熟梅で仕込んだ吟香梅という梅酒を使用しています。
さらにサブレには辻口茶園の天空茶(抹茶)が入っています。

梅の酸味と抹茶の苦味のコントラストがとても新鮮です。
苦味があるぶん、梅の酸味が際立ちます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名YUKIZURI 三都物語
内容量15個入り
製造者ル ミュゼ ドゥ アッシュ 株式会社レグレット
製造者住所石川県河北郡津藩町庄ヌ39-1
原材料YUKIZURI 富山:小麦粉、マーガリン、バター、グラニュー糖、卵、アーモンド、米粉、梅酒、チョコレート、ココアパウダー、梅、梅酢、しそ液、塩/香料、クエン酸、乳化剤、着色料(カロチノイド色素)、(原材料の一部に乳製品、小麦、大豆、卵を含む)、YUKIZURI:小麦粉、砂糖、マーガリン、米粉、バター、グラニュー糖、卵、アーモンド、梅酒、チョコレート、ショートニング、塩/香料、クエン酸、乳清ミネラル(乳由来)、乳化剤、着色料(カロチノイド色素)、調味料(アミノ酸)、(原材料の一部に乳製品、小麦、大豆、卵を含む)、YUKIZURI 福井:小麦粉、マーガリン、米粉、バター、グラニュー糖、卵、アーモンド、梅酒、チョコレート、抹茶パウダー、梅、梅酢、しそ液、塩/香料、クエン酸、乳化剤、着色料(カロチノイド色素、クチナシ、紅花黄)、酸化防止剤(V.C)、増粘多糖類、(原材料の一部に乳製品、小麦、大豆、卵を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約30日
保存方法直射日光を避け冷暗所にて保存
箱の大きさ横 18cm × 奥行き 18cm × 高さ 8cm
名産地石川県
販売場所小松空港金沢駅新高岡駅富山駅福井駅JR小松駅JR敦賀駅南条SA賤ヶ岳SA桜峠高松兼六園
おみやげの種類パイ菓子洋菓子
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。