山のほまれ

山乃ほまれ外装
山乃ほまれ外装山乃ほまれ開封後山乃ほまれ中身

山のほまれとは

山のほまれは、カステラの材料を使って煎餅に仕上げた素朴なお菓子。
新潟県糸魚川市にある、お菓子司 紅久が製造・販売しています。

3代目店主が親しかったことから、童謡「春よ来い」や早稲田大学校歌の作詞などで知られる相馬御風氏の命名によって、昭和9年に生まれた山のほまれ。昭和10年には、山のほまれというタイトルの詩も贈られています。

発売当時はカステラのように肉厚の生地で柔らかい食感でしたが、戦時中に製造を中止。
戦後は「せんべい=パリパリしたもの」という風潮になっていたため、厚みをおさえ、サクサクとした食感に改良されました。

北アルプスにちなむ駒草や真柏などを図柄に採用し、せんべいの表面にも”お山”を表現。
同封されているしおりによると、牛乳にひたして食べるとおいしいと言う人も多いのだそうです。

山のほまれを食べてみて

せんべいは3枚ずつ、チャック付きの袋に入れられており、湿気が防げるようになっています。
せんべいの表面には、山に太陽がのぼる様子や高山植物など、数パターンの絵柄がありました。

サクサクと軽い食感で、たまご・砂糖・バターの味わいはまさにカステラそのもの。
甘さは控えめなので、紅茶やコーヒーなどいろんな飲み物に合いそうです。

昔ながらの素朴なお菓子といった風情があり、柔らかくて食べやすいので、とくに年配の方へ贈ると喜ばれそうですね。

昔を懐かしみながら食べる、古くからのファンも多いという山のほまれ。
紅久の店舗や糸魚川駅で購入できます。

山のほまれの種類と値段

  • 単品(3枚入り):135円
  • 3袋(9枚)入り:440円
  • 5袋(15枚)入り:850円
  • 6袋(18枚)入り:1,050円
  • 8袋(24枚)入り:1,350円
  • 12袋(36枚)入り:1,950円
  • 16袋(48枚)入り:2,500円
  • 24袋(72枚)入り:3,650円
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名山のほまれ
内容量3個入り9個入り15個入り18個入り24個入り36個入り48個入り72個入り
製造者合資会社 紅久
製造者住所新潟県糸魚川市本町7-18
原材料小麦粉砂糖鶏卵バターマーガリン生クリーム味醂
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限1ヶ月
保存方法冷暗所にて保存
箱の大きさ横 12cm × 奥行き 24cm × 高さ 5.5cm
名産地新潟県
販売場所糸魚川駅
おみやげの種類せんべい
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内4,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。