六花亭 うんとこせーどっこいしょ(青えんどう)

うんとこせーどっこいしょ(青えんどう)の外装
うんとこせーどっこいしょ(青えんどう)の外装うんとこせーどっこいしょ(青えんどう)の中身うんとこせーどっこいしょ(青えんどう)の中身(拡大)

うんとこせーどっこいしょ(青えんどう)とは?

「うんとこせーどっこいしょ(青えんどう)」は、北海道帯広市に本社がある菓子メーカー、六花亭(ろっかてい)の商品です。

北海道のお土産としても、人気が高い六花亭。

2017年7月に「うんとこせーどっこいしょ(ブルーベリー)」が発売されました。紹介する青えんどう味は、2017年11月に新発売されたものですよ。

もっちりとした生地の中に入っているのは、豆の風味を生かした青えんどうのつぶ餡。

「生地が固くなった場合は、お餅と同じように焼いて召し上がり下さい。」とパッケージに記載があります。

今回購入したのは、小さめの箱に4個入り。1個100円でバラでも購入できます。もう少し大きめの箱には、6個がぴったり。

食べやすいお菓子なので、年代を問わず好まれる一品。手土産や自分用のお土産にもおすすめです。

六花亭の各店舗、六花亭のオンラインショップで購入することができますよ。

「うんとこせーどっこいしょ(青えんどう)を食べてみての感想

「うんとこせーどっこいしょ(ブルーベリー)」に続き、青えんどう味が新発売。六花亭の新商品はいつも楽しみにしています。

青えんどうと言えば、六花亭から秋の季節に発売になる「十勝川西シフォン(青えんどう)」にもたっぷりのえんどう豆が入っていますよ。

うんとこせーどっこいしょ(青えんどう)の表面には「六花」の焼印があります。

まん丸の見た目はまるでミニパンケーキのような可愛さがありますね。

一口いただくと、ブルーベリー味と同様に、周りの皮の部分のもっちりさを感じます。まるでお餅のよう。

中に入っているのは、たっぷりの青えんどう餡。豆そのものの風味を感じるような粒あん。

もちもちとした皮と、風味が豊かなえんどう豆の餡。ぴったりです!

トースターで少し焼いてみました。皮の部分はさらに柔らかく、少し香ばしさも加わり、また違った美味しさに出会いました。

固くなってしまったときに、お餅のように焼くと柔らかくなり美味しいのですが、そうでなくても、軽く焼いていただくのもおすすめの食べ方ですよ。

「うんとこせーどっこいしょ」。力が出そうなネーミングもいいですね!

2017年11月に発売の新商品。六花亭が好きな方はぜひ手にとって頂きたい一品です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名六花亭 うんとこせーどっこいしょ(青えんどう)
内容量1個入り4個入り6個入り
製造者六花亭製菓株式会社
製造者住所北海道帯広市西24条北1丁目3-19
原材料砂糖、青豌豆、餅粉じゃがいも上用粉水飴植物油小麦粉食塩トレハロース植物レシチン(大豆由来)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2~3日間
保存方法直射日光や高温多湿を避けて保存してください。
箱の大きさ横 14cm × 奥行き 9cm × 高さ 10cm
名産地北海道
販売場所大丸札幌店丸井今井札幌本店札幌三越東急百貨店札幌店
おみやげの種類饅頭
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。