月ふわり

評価★★★★★5
クチコミ1
月ふわりの外装
月ふわりの外装月ふわりの中身月ふわりの中身(拡大)

月ふわりとは?

月ふわりは、北海道の帯広市に本社がある柳月(りゅうげつ)のお菓子で「柳月パンデロー」

聞きなれない言葉かもしれませんが、「パンデロー」とは、伝統的なポルトガル菓子。カステラのルーツとも言わていますよ。

月ふわりは、ポルトガル伝統菓子のパンデローにたっぷりの卵を使い、まんまる黄色く焼き上げたもの。中には、十勝産の小豆のこし餡とチーズクリームが入っています。

特徴はしっとりさとモチモチ感を兼ね備えている新食感。

新千歳空港や百貨店やスーパーに入っている柳月の各店舗か、柳月のオンラインサイトで購入することができますよ。

月ふわりの価格と種類

紹介しているのは、4個入りのものですが、他の個数のものも展開されています。渡す方への人数により個数を選ぶことができますね。

月ふわりの価格と種類は以下のとおり

  • 4個入り…475円
  • 8個入り…975円
  • 15個入り…1760円

月ふわりを食べてみての感想

夜空に浮かぶまんまるのお月さま。黄色と濃いブルーの箱が印象的です。

「パンデロー」という言葉も知らなかったので、思わず調べてしまいました。ポルトガルの伝統菓子なんですね!ポルトガルの修道院生まれの菓子で、教会へのお供え物として作られたものだとか。

個包装の袋を開けると、中から出てきたのは、ほんのりと黄味がかった色のおまんじゅうのようなお菓子。見た目はまるで満月のお月さまのよう。

周りの皮はしっとりとしています。口に入れるともちもちとした食感。しっとり・もちもちで不思議な食感です。

優しい卵の味とミルクの風味を感じる生地は、まんじゅうのようで、ふわふわとしたケーキのよう。まさに、新しい出会い。

中に入っているのは、上品なこし餡。十勝産の小豆が使われています。

こし餡の中心部にはチーズクリームも入っていますよ。こし餡の甘みにチーズの塩気がなんともいいアクセント!

不思議な食感もさることながら、洗練されたパッケージといい、とても上品な一品。手土産としても喜ばれそうですね。

「月ふわり」という名前で、見た目もまるでお月さまのようなお菓子なので、お月見のときに一緒にいただいても楽しめそうですよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名月ふわり
内容量4個入り8個入り15個入り
製造者(株)柳月
製造者住所北海道帯広市大通南8丁目15
原材料ミックス粉(小麦粉、麦芽糖、その他)、鶏卵、砂糖、フラワーペースト、小豆、マーガリン、還元水あめ、植物油脂、ナチュラルチーズ、発酵バター、食塩、トレハロース、膨張剤、加工でん粉、乳化剤(大豆由来)、糊料(キサンタン)、グリシン、香料、安定剤(増粘多糖類)、保存料(ソルビン酸)、着色料(アナトー、V2、カロテン)、pH調整剤
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限10日間
保存方法直射日光や高温多湿を避けてください。
箱の大きさ横 10.8cm × 奥行き 15.8cm × 高さ 4.3cm
名産地北海道
販売場所新千歳空港JR旭川駅大丸札幌店丸井今井札幌本店札幌三越東急百貨店札幌店
おみやげの種類カステラ饅頭
価格帯1,000円以内2,000円以内