十勝この実

十勝この実の外装
十勝この実の外装十勝この実の中身十勝この実の中身(拡大)

「十勝この実」とは?

「十勝この実」は、北海道の帯広市に本社がある菓子メーカー、柳月(りゅうげつ)のお菓子です。

柳月といえば、「三方六(さんぽうろく)」という白樺の樹を模したバウムクーヘンが、北海道のおみやげとしても人気ですね。

柳月の本社があるのは、北海道の十勝地方の帯広市。十勝地方は、良質な小豆や砂糖の原料となるビートの名産地でもあり、お菓子作りも盛んな地方です。

「十勝この実」は、特製のバターフィナンシェ。
フィナンシェの上にはたくさんの木の実が散りばめられています。くるみにや天然の松の実、かぼちゃの種。

木の実の彩りと、歯ごたえがアクセントになっており、香ばしさが特徴のフィナンシェです。

新千歳空港や百貨店などの柳月の店舗で購入することができるほか、柳月のオンラインサイトでも取扱がありますよ。

柳月の店舗では1個から購入することができます。

「十勝この実」の種類と価格

紹介しているのは、箱に5個入りのものですが、1個売りの他に、他の個数でのパッケージのものも展開されています。

十勝この実の種類と価格は以下のとおり。

  • 5個入り…730円
  • 10個入り…1,510円
  • 15個入り…2,275円

「十勝この実」を食べてみての感想

生地の上の部分にさまざまな木の実が散りばめられているフィナンシェ。なんて贅沢なんでしょう。

かぼちゃの種の緑色はフィナンシェを彩り、見た目にも美味しそうですよね。

一口いただくと、フィナンシェに染み込んでいるバターがじゅわっと口の中に広がりました。
生地にはローストしたアーモンドも入っています。

フィナンシェの生地のしっとりとした食感に、木の実の香ばしさと歯ごたえがなんともいいアクセント!

木の実は、松の実、くるみ、かぼちゃの種が順番に並んで、贅沢なほどたっぷりと入っています。

くるみは大きなかたまりが丸ごと入っていますよ!

くるみのほろ苦いような香ばしさ、松の実の歯ごたえの良さ、かぼちゃの種の味、それぞれを楽しむことができるのも嬉しいポイントですね。

一つ一つが大きく、木の実もびっしりとはいっているフィナンシェは、食べごたえもあり焦がしバターの味わいを感じる贅沢なお菓子。
コーヒーや紅茶とあわせていただくのもぴったりですよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名十勝この実
内容量1個入り5個入り10個入り15個入り
製造者(株)柳月KK
製造者住所北海道帯広市大通南8丁目15
原材料卵白、砂糖、バター、アーモンドプードル、小麦粉、植物油脂、くるみ、松の実、カボチャの種、コーンスターチ、食塩、膨張剤、香料、着色料(カラメル)、増粘剤(キサンタン)、レシチン(大豆由来)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限15日間
保存方法直射日光や高温多湿を避けて保存してください。
箱の大きさ横 12.5cm × 奥行き 18.5cm × 高さ 4.5cm
名産地北海道
販売場所新千歳空港JR旭川駅大丸札幌店丸井今井札幌本店札幌三越東急百貨店札幌店
おみやげの種類フィナンシェ
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内