俵屋 飴ん子

俵屋飴ん子 外装
俵屋飴ん子 外装俵屋飴ん子 開封した写真俵屋飴ん子 中身の写真

俵屋 飴ん子について

俵屋は創業天保元年という、長い歴史を持つお店。金沢で一番古いあめ屋さんとしても有名ですよ。

良質な米と大麦を使って、職人さんが昔ながらの技法であめ作りをしています。

昔から赤ちゃんや妊産婦さん、病人の体力回復に使われていた「じろあめ」がお店の代表格です。

そんな俵屋が手がける「飴ん子」は、おこしあめを粒状に整えたもの。

ふわっとしたとろけるような舌触りのあめとなっています。

人工甘味料や合成保存料などを一切使用していないので、小さなお子さんから年配の方まで安心していただけますよ。

飴ん子はひとつずつ個包装されているので、おみやげにぴったり!

包みが3色に分かれていて、しろ・きなこ・まっ茶といった3種類の味が楽しめます。

どこか昔懐かしい、素朴な甘さのあめです。

俵屋 飴ん子を食べた感想

飴ん子は一箱あたり、240g入り。ひとつあたりのサイズも大きめなので、あめとしては十分すぎるほど入っています。

3色の包み紙でくるりと包まれた様子は、どこか懐かしさを感じさせますね。

せっかくなので、味ごとに食べてみた感想をご紹介します。

しろ

ピンク色の包み紙に入っているのが、しろの飴ん子。

3種類の中では、一番素朴ながらも自然な甘みを感じる味でした。どことなく、昔懐かしい味わいです。

きなこ

黄色の包み紙に入っているのが、きなこ味の飴ん子です。

包みを開くと、濃い茶色のあめがころんっと出てきました。

なめている内にきなこ特有のざらつきと粉っぽさが感じられて、あめなのに食べ応えがありましたよ。

まっ茶

緑色の包み紙に入っているのが、まっ茶味の飴ん子。

こちらはほんのりと抹茶色をしたあめになっています。口に含むと、抹茶の控えめな甘さが広がります。

後味が上品なので、すっきりと食べることができました。

どれも味の主張は強くないのに、それぞれの特色が感じられる味わいでしたよ。

舌の上でじんわりと飴ん子がなじんでいき、素朴な甘さが広がっていくのが心地よかったです。

あめの性質上、歯にくっつきやすいので噛まないようにしましょう。

1粒ずつ、じっくりと味わいたくなるようなあめです。

俵屋 飴ん子の価格

  • 240g入り 1,674円(税込)

俵屋 飴ん子を買える場所

ほか、俵屋のオンラインショップでも購入できます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名俵屋 飴ん子
内容量201〜300g
製造者株式会社 俵屋
製造者住所石川県金沢市小橋町2-4
原材料米(国産)大豆もち米(国産)砂糖大麦抹茶、小麦(遺伝子組換え大豆は使用していません)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約2ヶ月
保存方法直射日光、高温多湿を避けて常温で保存してください。
箱の大きさ横 10.7cm × 奥行き 9.5cm × 高さ 8.3cm
名産地石川県金沢
販売場所小松空港金沢駅
おみやげの種類
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。