出陣餅

評価★★★★★5
クチコミ1
出陣餅外装
出陣餅外装出陣餅開封写真出陣餅中身写真

出陣餅について

新潟県上越市に本店をかまえる「かなざわ総本舗」が手がける餅菓子。

戦国時代の武将・上杉謙信をしのんでつくれたもの。武田信玄の軍との合戦を前に、兵を力づけるために餅をふるまったという話しにちなんでいます。

茎までやわらかく煮たよもぎが入っているのが特徴。

お菓子の栞にも「きな粉の中から緑色のよもぎ餅が見えることがありますが、カビではございません」と書かれています。初めて食べる人の中には間違える人もいるのでしょうね。

小さな容器に入った黒蜜がセットになっており、好みに合わせて、かけて食べられるようになっていますよ。

パッケージに書かれている詩も上杉謙信にまつわるもので、江戸後期の歴史家・詩人の頼山陽による漢詩です。

調べて理解したところによると、「川を渡って川中島に着くと、そこには武田の大軍がいる。信玄を討つために10年間剣を磨いてきた。しかし信玄に逃げられ、このたびも討つことができなかった」、このようなことを伝える漢詩のようです。上杉謙信の無念を伝える詩なのでしょうね。

誰かへのお土産とするのであれば、渡すときにさりげなく詩の意味を伝えてみてはいかでしょうか。「おっ!」と興味をもってもらえること間違いなしです。

出陣餅を食べた感想

餅・黒蜜・黒文字がワンセットで入っています。
包み紙の上に取り出して食べられるように、包み紙のサイズをあえて大きくしてあるのが嬉しい気遣い。

餅自体はシンプルなもので、よもぎがほどよく香るのが印象的です。

購入後すぐに食べましたので非常にやわらか~い、もちもちした食感です。
きな粉と餅からはそれほど強い甘みを感じないので、黒蜜をたっぷりかけて食べるのがよいと思います。

▼一気にかけると、このようにだら~となるので注意。

出陣餅黒蜜仕様

甘さ控えめを好むのであれば、黒蜜少な目or黒蜜なしでもよろしいかと。

上品かつ量もちょうどよいので、来客時のお茶請けにもぴったりですよ。

個人的には、機会があればもう一度食べてみたいと思える餅菓子です。

出陣餅が買える場所

10個入のほかに、15個入、20個入、30個入、40個入が販売されています。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名出陣餅
内容量10個入り15個入り20個入り30個入り40個入り
製造者(株)かなざわ総本舗
製造者住所新潟県上越市稲田4丁目11-5
原材料砂糖水飴トレハロース食塩コーンスターチ炭酸Caよもぎ黒糖(沖縄県産)、餅米(新潟県産)、黄奈粉(遺伝子組換でない大豆)、蕨粉、pH調整剤(重曹)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限10日(夏季は7日)
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存
箱の大きさ横 15.5cm × 奥行き 24.4cm × 高さ 4.7cm
名産地新潟県
販売場所上越妙高駅長岡駅新潟駅
おみやげの種類和菓子
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。