積恋雪関扉 関の戸 やまとたちばな

関ノ戸やまとたちばな 開封関ノ戸やまとたちばな 中身

積恋雪関扉 関の戸 やまとたちばなとは

深川屋は創業約380年の老舗和菓子屋さん。

今回紹介するのは、三重県鳥羽市答志島の桃取地区に自生するかんきつ類「やまとたちばな」の果皮を使用した商品。

やまとたちばなは県天然記念物に指定されていて、日本書記や古事記にも「非時香実(ときじくのかぐのこのみ)」として登場しているんだとか。

果皮を乾燥して粉末にし、和三盆と混ぜ合わせ、定番商品の関の戸にまぶしてあります。

黄色い外箱には日本らしい歌舞伎のイラストなどが書かれていて、なんとも可愛らしいですよね。

海外の方にも喜ばれるお土産だと思います。

積恋雪関扉 関の戸 やまとたちばなを食べてみて

優しい味わいが特徴の関の戸。

通常の関ノ戸とやまとたちばなのどちらも一緒に入っているので、食べ比べできて嬉しいですね。

まず最初に食べて欲しいのが通常の関ノ戸。

口どけの良い和三盆が柔らかいお餅と混ざりあう優しい甘さにうっとりしてしまいます。

そのあとに食べたいのがやまとたちばな。

柑橘の香り高さをより感じることができます。

あついお茶を飲みながら、ゆったりとしたひと時を過ごしたいなと思いました。

長い歴史を感じることのできる、味わい深いお菓子です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名積恋雪関扉 関の戸 やまとたちばな
内容量6個入り
製造者有限会社深川屋
製造者住所三重県亀山市関町中町387
原材料砂糖、小豆、水飴、餅粉、トレハロース
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限15日
保存方法常温
箱の大きさ横 13.5cm × 奥行き 13.5cm × 高さ 2.3cm
名産地三重県
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内