六花亭 なんもなんも 青いレモン

なんもなんも(青いレモン)の外観
なんもなんも(青いレモン)の外観なんもなんも(青いレモン)の中身なんもなんも(青いレモン)の中身(拡大)

なんもなんも 青いレモンとは?

「なんもなんも 青いレモン」とは、北海道を代表する菓子メーカー「六花亭(ろっかてい)」の商品。

六花亭は北海道の十勝地方、帯広市に本店があります。「マルセイバターサンド」や「ストロベリーチョコレート」などは北海道を代表するおみやげの1つですね。

六花亭からはすでに「なんもなんも パルメザン」が発売されていますが、紹介する青いレモン味とは全く別のお菓子です。

なんもなんも パルメザンは、カリカリとしたチーズそのもののようなお菓子ですが、「なんもなんも 青いレモン」は、ひと口サイズのマドレーヌ。表面を青レモンピール入りのフォンダン(粉砂糖)でコーティングしています。

「なんもなんも」とは、北海道弁で「そんなことないよ!」「全然大丈夫だよ!」という意味。ほんわかとした優しい方言で、北海道弁の中でもよく使われる言葉の1つです。

パッケージをよく見ると、「なんもだし」「なんもです」「なんもね~」「なんもだわぁ」などの言葉が書いてあります。

これは、北海道弁「なんも」の言い回しの表現ですね。北海道ならではの味わいがあるパッケージとネーミング。

そんな北海道の方言が商品名になった「なんもなんも 青いレモン」。一袋に80グラム入りで、380円です。

六花亭の各店舗で購入できますよ。

なんもなんも 青いレモンを食べてみての感想

以前に、チーズそのもののようなお菓子「なんもなんも パルメザン」を食べたことがあったので、そのお菓子とは全く違うお菓子であることにびっくりしました。

一口サイズのマドレーヌのまわりは、フォンダンで覆われています。

1ついただくと、まずは口の中にまわりのフォンダンの甘みとバターの風味が広がりますよ。

しっとりとしたマドレーヌの生地に入っているレモンピールの香りがとてもいい!レモンの酸味をしっかりと感じます。

丸いマドレーヌの生地に見える小さな青緑の粒がレモンピールですね。

まわりのフォンダンと中のレモンピールが合わさり、まさに甘酸っぱい美味しさを楽しめます。

「なんもなんも 青いレモン」は、「めんこい大平原」という一口サイズのマドレーヌを青いレモン味にしたようなお菓子ですね。レモンの酸味があるので、大人の味かもしれません。

丸い形に混ざって、なんとハート型の形も入っていましたよ!よく見ると一袋に2つのハートが入っていました。嬉しい発見です。

一袋が大きくなく値段もお手頃なので、六花亭のちょっとしたお土産を探している時におすすめの一品ですよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名六花亭 なんもなんも 青いレモン
内容量100g以内
製造者六花亭製菓株式会社
製造者住所北海道帯広市西24条北1丁目3-19
原材料砂糖バター小麦粉生クリームレモン粉末、青レモンピール、リキュールレモンペーストみりんトレハロース膨張剤香料
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限7日間
保存方法直射日光や高温多湿を避けて、25℃以下の場所で保存して下さい
箱の大きさ横 12cm × 奥行き 19cm × 高さ 3cm
名産地北海道
販売場所大丸札幌店丸井今井札幌本店札幌三越東急百貨店札幌店
おみやげの種類マドレーヌ
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。