横濱元町洋菓子研究所 ラングドシャ・オ・フロマージュ

ラングドシャ・オ・フロマージュ 外装
ラングドシャ・オ・フロマージュ 外装ラングドシャ・オ・フロマージュ 開封した写真ラングドシャ・オ・フロマージュ 中身の写真

ラングドシャ・オ・フロマージュとは

横浜元町にあるチーズ香るお菓子屋さん「横濱元町洋菓子研究所」は小さなチーズスイーツのお店です。

そんなチーズを愛するお店の作ったラングドシャ・オ・フロマージュはクッキーでホワイトチョコレート、チーズクリームを挟んだ5層のつくりです。

お菓子を真上から見ると、クッキー生地よりも挟まっているチョコレートのほうが大きいことがわかります。

クッキー生地の真ん中には横浜市の花であるバラが描かれています。

ラングドシャ・オ・フロマージュを食べた感想

ラングドシャにもチーズの味がしっかりついている印象です。少し塩気を強く感じました。それに対してホワイトチョコレートは甘めです。塩気と甘味のバランスが絶妙です。

中のチョコレートは指で触ると思ったよりも早く溶けてしまったので、ラングドシャ部分をつかむほうがいいなと思いました。

また、冷やして食べるとより味がまとまって感じます。

とってもかわいい見た目なのに塩気がしっかりあるギャップがいいなと思いました。甘いものが苦手な人やお酒を嗜む人にもおすすめしたいです。

ラングドシャ・オ・フロマージュが売っている場所

わたしは羽田空港第1ターミナル出発ロビー階の羽田スタースイーツにて購入しました。2018年1月9日までの期間限定販売で、それ以降の販売については未定とのことです。

また、JR根岸線石川町駅に店舗があります。他にもオンラインショップで購入が可能です。

 

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名横濱元町洋菓子研究所 ラングドシャ・オ・フロマージュ
内容量8個入り12個入り18個入り
製造者株式会社横濱元町洋菓子研究所
製造者住所神奈川県横浜市中区元町5-209
原材料チョコレート、小麦粉、砂糖、ショートニング、卵白、チーズパウダー、バター、乳等を主要原料とする食品、マーガリン、パン粉、全粉乳、澱粉、食塩、香料、加工デンプン、乳化剤、膨張剤、カゼインNa、pH調整剤、イーストフード、安定剤(増粘多糖類)、V.C、着色料(カロチン)、(原材料の一部に卵・大豆を含む)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限3カ月ほど
保存方法直射日光、高温多湿を避け常温保存
箱の大きさ横 18.3cm × 奥行き 14.2cm × 高さ 3cm
名産地神奈川県東京都横浜
販売場所東京国際空港(羽田空港)品川駅
おみやげの種類ラングドシャ焼き菓子
価格帯1,000円以内