熊野古道物語 2種アソート

熊野古道物語 2種アソート 外装
熊野古道物語 2種アソート 外装熊野古道物語 2種アソート 中身(全体)熊野古道物語 2種アソート 中身(拡大)

熊野古道物語 2種アソートについて

熊野古道物語(くまのこどうものがたり)は、梅肉入りチョコクランチです。
製造・販売しているのは、和歌山県白浜市で観光土産の企画・卸売業を行っている山崎梅栄堂(やまざきばいえいどう)。

黒いパッケージの黒糖梅グラッセと、白いパッケージの梅肉入りクランチの2種類入りです。いずれも和歌山名産の梅を使用。

今回ご紹介する熊野古道物語は2種類入りのアソートタイプですが、梅肉入りクランチのみ、黒糖梅グラッセのみでも販売されています。

梅肉入りクランチは、ソフトに焼き上げられた欧風せんべいをクランチ状態にし、甘さひかえめのホワイトチョコクリームと紀州産の乾燥梅肉を練り合わせて作られました。

黒糖梅グラッセは、欧風せんべいにホワイトクリームがサンドされています。
その上に黒糖クリームとクッキークランチ、乾燥させた紀州産南高梅がトッピング。

箱の中には、絵ハガキが入っていました。熊野古道の名所が撮影されており、全部で16種類あります。
紀州熊野の美しさを伝えるため、平成23年5月より同封されはじめました。
画像に載っているものは、箸折峠(はしおりとうげ)の牛馬童子(ぎゅうばどうじ)です。

また、熊野古道物語は世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の保全活動にも貢献しており、熊野古道物語対象商品1箱につき1円が「公益財団法人 和歌山県緑化推進会(世界遺産の森林を守ろう基金)」への寄付となります。

おいしく食べられるだけでなく、世界遺産への貢献もできるお菓子です。

熊野古道物語 2種アソートを食べた感想

黒糖梅グラッセは、歯ごたえのあるウエハース感覚でいただけました。
梅風味もほんのり感じられます。

梅肉入りクランチは、ホワイトチョコレートのクランチの中に梅チップが入っています。
最初は甘く、梅の酸味がじわじわと広がっていきました。

梅のアクセントは、梅肉入りクランチの方がより感じられました。
逆に梅の酸味が苦手な方には、黒糖梅グラッセの方が食べやすいかもしれませんね。

熊野古道物語は、梅肉入りクランチも黒糖梅グラッセも、お茶やコーヒーのお供にぴったりなお菓子ですよ。

熊野古道物語 2種アソートの種類と購入できる場所

熊野古道物語 2種アソートは、黒糖梅グラッセ4個、梅肉入りクランチ3個の7個入りの380円のみ。
ワンコインで購入できますよ。

  • とれとれ市場Yahoo!店
  • とれとれ銘菓市場(とれとれ市場内売店)
  • 山中総業(JR田辺駅前の山中ステーションビル1階)
  • 東急リゾートサービス(東急ハーベストホテル内売店)
  • ウメタ梅翁園(国道42号線沿いの梅干し工場㈱ウメタ内売店)

なお、山崎梅栄堂の方によると、

「熊野古道物語(梅クランチ)18個入り・12個入り・8個入り」や「熊野古道物語其の二(黒糖グラッセ)24枚入り・10枚入り」の商品は、ほぼ和歌山県全域の駅や空港、サービスエリア、道の駅等で販売されています

とのことで、2種アソートにこだわらなければ、和歌山県内の各所で購入できるそうです。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名熊野古道物語 2種アソート
内容量7個入り
製造者有限会社山崎梅栄堂 A72
製造者住所和歌山県西牟婁郡白浜町2386-47
原材料【黒糖梅グラッセ】小麦粉、砂糖、植物油脂、黒糖、乳糖、鶏卵、脱脂粉乳、ココアバター、マーガリン、梅肉(紀州産)、食塩、乳化剤(大豆由来)、膨張剤、リジン、香料、着色料(カロチン)、【梅肉入クランチ】乳糖、植物油脂、砂糖、小麦粉、鶏卵、脱脂粉乳、水飴、ココアバター、梅肉(紀州産)、蜂蜜、食塩、乳化剤(大豆由来)、膨張剤
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約3ヶ月
保存方法直射日光、高温多湿の場所を避けて保存してください。
箱の大きさ横 20.8cm × 奥行き 10.5cm × 高さ 2.6cm
名産地和歌山県
おみやげの種類クランチせんべい焼き菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。