高校三年生の山田まん

高校三年生の山田まん外装
高校三年生の山田まん外装高校三年生の山田まん開封後高校三年生の山田まん中身

高校三年生の山田まんとは

高校三年生の山田まん。なんだか不思議な名前ですが、その名の通り、高知県香美市にある山田高校の3年生が開発したお菓子です。

製造を担ったのは、高知市の製菓会社青柳。そしてデザインは、香美市在住で全国的に活躍する梅原真さんの協力を得て考えられました。

見た目にインパクトを与えるために黒い竹炭を使い、あんには地元の特産品である黄金生姜を採用。
女性向けに食べやすいひとくちサイズにし、パッケージの字には生徒ひとりひとりが書いた文字を当てはめた、こだわりの商品です。

2016年2月の販売から、半年で4万袋・2千万円以上を売り上げたというから驚き。
包装の可愛さや、しょうが味で黒いまんじゅうというユニークさが受けているようです。

個人的に、袋に書かれた4箇条が面白いと思ったのでご紹介します。

●あんこは、心に刻む、きざみしょうがでショウガ
●普通の色じゃ、面白くない、黒でショウガ
●高知県立山田高校商業科(ショウカ) 55期生が作った、まんじゅうでショウガ
●食べるしかないでショウガ

高校三年生の山田まんを食べてみて

インパクトのあるパッケージと不思議なネーミングで、すぐに目に留まったこちらのおみやげ。
まさか生姜を使っているまんじゅうだとは思いませんでした。

1個はころんと小さめで、きびだんごくらいの大きさ。
鼻を近づけると、生姜のにおいがツンときます。

ベースは甘い白あんですが、生姜がかなり効いているのでスパイシーさもあります。
さらに刻み生姜のコリコリとした食感もあり、もはや「生姜まん」と言っていいほどの生姜づくし。
個人的にはすごく好きな味でした。

高校三年生の山田まんは、7個入りで税込540円とおてごろ価格。青柳の店舗(高知県内8店舗有)や青柳オンラインショップのほか、高知空港でも購入できます。
生姜をつかったまんじゅうは珍しいので、このおいしさをぜひ体感してみてください。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名高校三年生の山田まん
内容量7個入り
製造者株式会社青柳
製造者住所高知県高知市大津乙1741
原材料小麦粉、砂糖、還元水飴、水飴、トレハロース、バター、脱脂粉乳、膨張剤、卵、マーガリン、(原材料の一部に大豆を含む)、クリーム、白生餡、生姜(高知産)、着色料(木炭)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限40日
保存方法直射日光・高温多湿を避けて保存して下さい。
箱の大きさ横 18cm × 奥行き 14cm × 高さ 5.8cm
名産地高知県
販売場所高知空港JR高知駅
おみやげの種類饅頭
価格帯1,000円以内