北菓撰

北菓撰の外装
北菓撰の外装北菓撰の中身北菓撰の中身(拡大)

北菓撰とは?

北菓撰とは、北海道帯広市に本社がある柳月(りゅうげつ)の人気商品の詰め合わせ菓子。

柳月といえば、白樺の樹を模したバウムクーヘンの「三方六(さんぽうろく)」が北海道で人気のおみやげの1つですね。

北菓撰には、人気の三方六をはじめ、子どもから年配の方まで楽しめる選りすぐりのお菓子が入っていますよ。

北菓撰専用のしっかりとした化粧箱に入っているので、贈り物や手土産にもおすすめできる一品。

写真は、16個入りのものですが、他にも20個入りと25個入りのものもあります。渡す方の人数によって選ぶことができますね。

柳月の各店舗の他、柳月のオンラインショップでも購入することができます。

柳月の詰め合わせのお菓子には、詰め合わせのお菓子の数が少なく、よりお求めやすい価格の「やなぎ撰」もありますよ。

北菓撰の種類と価格

北菓撰の種類と価格は以下のとおりです。(季節により内容が変更になる場合があります)

16個入り(2,000円)

季節により商品は入れ替わることがあります。詰め合わせのお菓子の内容は店頭で確認できますよ。

購入した16個入りセットには、COCOこの実と十勝川水ようかんは入っておらず、代わりに「オレンジ&ゆずゼリー」が入っていました。

* * * *

「オレンジ&ゆずゼリー」の原材料名は以下のとおり

砂糖,オレンジラップ漬け,濃縮オレンジ果汁,柚子果汁,寒天,ゲル化剤(増粘多糖類),香料,乳化Ca,pH調整剤,酸味料,酸化防止剤(V.C),カロテノイド色素

他のお菓子の原材料名については、各お菓子を参照してください

20個入り(2,500円)

25個入り(3,000円)

北菓撰を食べてみての感想

しっかりとした化粧箱にびっしりと並んでいる柳月のお菓子。

さまざまなラインナップの商品が入っており、箱のふたを開けたときに思わず笑みがこぼれました。

十勝みるくや札幌りんご通りなどは小さな子どもから食べやすいお菓子。

きなごろもというきなこ餅の和菓子も入っており、まさに子どもから年配の方まで喜ばれる詰め合わせだと感じました。

柳月のお菓子を食べ比べてみたいときにもぴったりですよ。

入っていたリーフレットにこう書かれていました。

中国ではかつて、友人との別れの際に再開の願いを込めて柳の枝を和にして結び、贈ったと言われています。
日本では古くからいつも幸せが巡ってくることを願い結び柳を飾りました。再開と幸せを結ぶ「柳」から柳月という屋号がつけられています。

再開と幸せの願いが込められている柳月のお菓子の詰め合わせの北菓楼、贈り物やおみやげにもぴったりの一品ですね。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名北菓撰
内容量16個入り20個入り25個入り
製造者(株)柳月
製造者住所北海道帯広市大通南8丁目15
原材料
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限10日間
保存方法直射日光や高温多湿を避けて保存してください
箱の大きさ横 21.6cm × 奥行き 26.0cm × 高さ 6.4cm
名産地北海道
販売場所新千歳空港JR旭川駅大丸札幌店丸井今井札幌本店札幌三越
おみやげの種類バウムクーヘンフィナンシェゼリー饅頭最中焼き菓子羊羹・水羊羹
価格帯2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。