金精軒 信玄餅

評価★★★★★4.7
クチコミ3
金精軒信玄餅 外装
金精軒信玄餅 外装金精軒信玄餅 開封写真金精軒信玄餅 中身写真

金精軒 信玄餅について

金精軒の信玄餅は、山梨県のおみやげです。

正確には「信玄餅」という名前で商標登録を取得しているのですが、山梨県には「桔梗信玄餅」もありますので、こちらでは「金精軒 信玄餅」と表記します。

作っている金精軒は、2016年で112年目になります。
「老舗を気取るにはちと足りません」と謙虚な姿勢で、防腐剤や人工甘味料を一切使わない、手作業、地産地消などのこだわりを持っている和菓子屋さんです。

金精軒 信玄餅は、第18回全国菓子博覧会で有功金賞、第19回全国菓子博覧会審査総長賞を受賞しています。

戦国武将の武田信玄の名前が由来とされています。
信玄が出陣で切り餅を非常食として常備していたことから、作られました。

金精軒 信玄餅は黒蜜ときなこをまぶして食べる餅で、シンプルな原材料で作られています。

求肥(ぎゅうひ)加工ではなく、国産の餅米を使用した本物のお餅なのがポイント。
硬くならずに柔らかく甘いお餅になっています。

防腐剤や合成保存料は一切使用していないので、保存状態に気をつけて食べてくださいね。

販売形態は次の通りです。

  • 6個入り 980円
  • 8個入り 1,230円
  • 10個入り 1,490円
  • 15個入り 2,160円
  • 20個入り 2,880円

金精軒 信玄餅を食べた感想

食べ方は、餅をひとつ持ち上げ、黒蜜をかけて絡めます。

大豆の甘みがいっぱいのきなこに黒蜜と甘くて柔らかいお餅が混ざり合って、絶妙なおいしさです。

こぼさずに食べられるということですが、うちの子供はまだ3歳で難しいので、大きめの食器に小さく切って入れました。
防腐剤や合成保存料が入っていないので、安心してあげられます。

和菓子が好きな子なので、おいしそうに食べていましたよ。

また、金精軒では「極上生信玄餅」や、期間限定で「水信玄餅」も販売されています。
テレビでも取り上げられていたので、ご存知の方もいるかもしれません。

日持ちしないため、限定店のみの取り扱いとなっています。
山梨県に行く機会のある方は行ってみてくださいね。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名金精軒 信玄餅
内容量6個入り
製造者金精軒製菓株式会社 N
製造者住所山梨県北杜市白州町台ヶ原2211
原材料餅米粉(国産)、きな粉(大豆)水飴砂糖
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約8日
保存方法常温(高温多湿を避けてください)
箱の大きさ横 13.5cm × 奥行き 9.5cm × 高さ 16.7cm
名産地山梨県
販売場所八王子滝山
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。