錦梅堂 羽二重餅

評価★★★★★5
クチコミ1
錦梅堂 羽二重餅 外装
錦梅堂 羽二重餅 外装錦梅堂 羽二重餅 開封した写真錦梅堂 羽二重餅 中身の写真

錦梅堂 羽二重餅とは?

弘化四年(1847年)創業の錦梅堂が手がける、福井を代表する銘菓「羽二重餅」です。

福井といえば羽二重餅というくらい有名なお菓子なので、聞いたことがあるのではないでしょうか。

錦梅堂はその「羽二重餅」を考案したお店なんです。

その起源は古く、江戸時代にまで遡ります。

越前福井藩松平家の御用達だった錦梅堂。

初代・伊三郎が弘化四年、藩主にお茶菓子として納めたお茶菓子が羽二重餅の起源なのだそう。

さらに時代が下り、福井では羽二重織りが盛んになりました。

大正半ばには、福井で作られる絹織物の輸出量は日本全国の60%を占めるにまで至ったそうです。

その福井を代表する「羽二重織物」をイメージして作られたのが「羽二重餅」。

そんな歴史ある羽二重餅は明治、大正、昭和天皇陛下、各宮殿下にも献上されたのだそう。

まさに福井を代表する銘菓ですね。

錦梅堂 羽二重餅を食べた感想

一口サイズの羽二重餅が一つ一つ包装されていて、食べやすいように工夫されていました。

袋から取り出すと、中から長方形の真っ白な羽二重餅が。

その見た目はとても素朴で繊細な印象を受けます。

手に持ってみると、とても柔らかで美味しそう!

実際に食べてみると、繊細でキメの細かなお餅は柔らかくてとっても美味しいんです。

素朴な甘さのお餅を食べてると、本当に幸せな気分になってきます。

噛めば噛むほど甘味がじわ〜っと広がってくる羽二重餅。

わたしは福井に行った時には必ず買って帰る「定番」のお土産です。

錦梅堂 羽二重餅が買える場所

錦梅堂 羽二重餅は錦梅堂、オンラインショップなどで購入することができます。

錦梅堂福井県福井市順化1-7-7
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名錦梅堂 羽二重餅
内容量15個入り25個入り
製造者有限会社 錦梅堂
製造者住所福井市順化1丁目7-7
原材料砂糖水飴乳化剤餅粉加工デンプンソルビトール
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限7日
保存方法直射日光・高温多湿を避け、常温にて保存してください。
箱の大きさ横 16.8(15個入り)cm × 奥行き 22.9(15個入り)cm × 高さ 1.7(15個入り)cm
名産地福井県
販売場所福井駅
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。