かなざわ総本舗 笹団子

評価★★★★★5
クチコミ1
かなざわ総本舗笹団子 外装
かなざわ総本舗笹団子 外装かなざわ総本舗笹団子 中身写真

かなざわ総本舗 笹だんごについて

新潟県の名物菓子といえば「笹だんご」が思い浮かぶのではないでしょうか。
いくつかのメーカーが製造販売しており、お土産菓子として県内のあちこちで見かけます。

こちらの笹だんごはもち米ではなく、新潟県産米のコシヒカリを使用してつくられた団子です。

ネーミングどおり笹に包まれていること、またヨモギの風味が豊かに香るのが特徴といえます。

緑をベースとしたパッケージは、昔ながらのお土産の箱という感じがしますね。
購入後の持ち運びがしやすいように、持ち手がついているのはポイント高いです。

笹だんごを製造しているのは、創業者の金澤長之助氏の苗字がそのまま店名になっている「かなざわ総本舗」。
昭和44年に発売されて大ヒットした出陣餅をはじめ、数々の和菓子を手がけていますよ。

かなざわ総本舗 笹だんごを食べた感想

笹に包まれた笹団子は素朴で昔ながらの菓子という印象。
昔は街道の茶屋で、こういった素朴な団子を出していたのでしょうね。

箱から取り出すと、まず笹がふわっと香ります。
食べる前に笹の葉をはがすのも楽しい。

外箱に書かれているとおりに、笹の葉を縦に細く取ると、上手にはがれますよ。

笹を取るとヨモギの濃い香りがしますが、口の中に入れるとさらに強く感じます。

もち米を使用した餅のようにびよ~んとのびませんが、もちもちして弾力があります。

あますぎないあんとのバランスがよく、モグモグと1つをあっという間に食べられます。

わたしはこの手の素朴な団子が大好きなので、試食と称して3つを一気に食べました。
それぐらい団子好きにはたまらないおいしさがありますよ!

かなざわ総本舗 笹だんごが買える場所

*ネット通販では10個入、15個入、20個入、30個入が販売されています。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名かなざわ総本舗 笹団子
内容量10個入り15個入り20個入り30個入り
製造者(株)かなざわ総本舗
製造者住所新潟県上越市稲田4丁目11-5
原材料グリシンよもぎ白双糖北海道産小豆、新潟県産コシ光、B-アミラーゼ(大豆、小麦由来)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限商品発送日:2017年6月6日、賞味期限日:2017年6月10日
保存方法高温・多湿をさけ、涼所にて保存
箱の大きさ横 15.5cm × 奥行き 6.0cm × 高さ 24.5cm
名産地新潟県
販売場所上越妙高駅長岡駅新潟駅
おみやげの種類生菓子お団子和菓子
価格帯2,000円以内3,000円以内5,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。