はっさく屋 はっさく大福

はっさく大福 外装写真
はっさく大福 外装写真はっさく大福 中身の写真

はっさく屋 はっさく大福について

はっさく大福を手がけるはっさく屋は、広島県因島にお店があります。

こちらのはっさく屋は、しまなみ街道が一望できるカウンター席が評判で、全国からお客さんが訪れるそうですよ。

店名にもあるように、1番人気はもちろん「はっさく大福」です。

大福に使われているはっさく(八朔)は、因島が発祥の柑橘類。大福にも大きなむき身が2、3個、丸ごと入っています。

そのはっさくは契約農家から直接仕入れたもので、すべて手作業でひとつずつ包んでいきます。

こちらのはっさく屋はお餅へのこだわりもすごいんですよ。

広島県産のもち米を木製の蒸籠で蒸し上げ、みかんの皮と一緒に石臼でついていきます。

お餅もみかんの風味がして、まさにまるごとはっさくが楽しめますね。

今回は運良く福山サービスエリア(上り線)で購入することが出来ましたが、お店の方が陳列するのを待ちきれないとばかりに売れていきましたよ。

はっさく大福を食べてみた感想

購入した翌日に食べましたが、まだお餅の柔らかさを保っていました。

出来たての美味しさを味わうのであったら、やはり当日食べることをオススメします。

1個がかなりずっしりと重量感がありますが、中身はほとんどはっさくなので胃もたれしませんよ。

何よりも中のはっさくが本当にジューシーでみずみずしい!

また、驚いたのははっさくがコンポートしたものではなく「生」なんですね。

はっさく独特のサクサクとした食感に、お餅と白あんの柔らかさが不思議と合って美味しいです。

もしかしたら、いちご大福より合うかもしれません。

今度は、ぜひお店に行って出来たてを食べてみたいです。

はっさく大福の価格

1個160円。

箱入りは6・8・10・15個から数が選べます。

はっさく大福を買える場所

広島空港(火・水・木・金・土・日)、福山サービスエリア上り線(火・水・木・金・土・日)のほか、尾道市の金華堂本舗(金・土・日)に並びます。

また、東京都の広島ブランドショップTAU(月・水・木・金・土・日)、丸の内佐渡特選館(木のみ)でも購入可能です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名はっさく屋 はっさく大福
内容量4個入り6個入り10個入り15個入り
製造者株式会社はっさく屋
製造者住所広島県尾道市因島大浜町246-1
原材料もち米、白あん、砂糖、はっさく、加工でん粉、酵素(大豆由来)
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限3日間
保存方法要冷蔵10℃以下
箱の大きさ横 14cm × 奥行き 14cm × 高さ 4cm
名産地広島県
販売場所広島空港福山SA
おみやげの種類大福和菓子
価格帯1,000円以内