浜田三島堂 てんやわんやの善助餅

是助餅 外装写真
是助餅 外装写真善助餅 中身の写真

てんやわんやの善助餅について

てんやわんやの善助餅は、愛媛県宇和島市津島町にある浜田三島堂が手がける大福餅で、昔から南予(愛媛県の南)を代表するお土産です。

名前がユニークな、てんやわんやの善助餅。愛媛出身の方なら、昔懐かしい善助餅のCMを思い出すのではないでしょうか?

てんやわんやとは、この津島町を舞台とした獅子文六の小説「てんやわんや」からきています。

その小説の中に出てくるかけ食い(大食い競争)のモデルとなったお菓子が、こちらの善助餅と言われています。

ちなみに「善助」とは、小説の中の登場人物「越智善助」から取ったそうで、善助さんはこのお餅を31個もたいらげたそうですよ!

その美味しくて止まらなかったお餅は、羽二重餅の中に北海道産小豆を使ったつぶ餡がくるまれているシンプルなもの。

シンプルだからこそ、飽きの来ないロングセラー商品となっています。

値段は10個入り972円。店舗には30個入りまで売っています。

購入出来る場所は、愛媛県内の道の駅や松山空港JR松山駅八幡浜駅など、愛媛県内の多くのお土産売り場に置いてありますよ。

また、津島ネット市場で通販も可能です。

てんやわんやの善助餅を食べてみた感想

包装紙を取ると、のんびりと豪快に笑う男の人の姿が。これが噂の善助さんでしょうか?

お餅は1口サイズで、大人だったら2口ほどでポイポイッと食べられそうな大きさです。

粉をまとった羽二重餅は柔らかく、適度に弾力も感じられます。

何より小さい見た目とはうらはらに、つぶ餡の主張が強い!とても上質な小豆で、豆の風味がとても良いです。

これはあんこ好きにはたまらないお菓子ですね。善助さんが31個も食べた気持ちが分かります。

つぶ餡は特に塩味が強いということもないのですが、不思議とあんこ特有のしつこさが感じられず、本当にいくらでも食べてしまいそうな美味しさです。

現に、我が家のあんこ男子(4歳)は1度に4つも食べてしまいました!

さすがに31個はムリですが、食べ過ぎには要注意な美味しい大福です。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名浜田三島堂 てんやわんやの善助餅
内容量10個入り15個入り20個入り30個入り
製造者有限会社 浜田商店
製造者住所愛媛県宇和島市津島町高田丙10ー3
原材料砂糖、餅粉、大納言、水飴
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限10日間
保存方法直射日光、高温多湿を避けて保存して下さい。
箱の大きさ横 10.5cm × 奥行き 24cm × 高さ 3cm
名産地愛媛県
販売場所松山空港JR松山駅虹の森公園まつのみまみしょうMICうわじまきさいや広場
おみやげの種類大福和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内