萩の月

評価★★★★★4.8
クチコミ41

萩の月とは

”萩の月”は1979年に仙台のメーカーである菓匠三全が販売を始めました。

カスタードクリームをフワフワのカステラ生地で包んだこの萩の月は、牛たんと並んで仙台おみやげの定番となっています。

伝統的なおみやげとしては歴史が浅い”萩の月”ですが「20世紀を代表する土産品」のアンケートでは全国3位になるなど知名度そして人気は抜群です。

また、エージレスと呼ばれる脱酸素剤を入れた最初のお菓子とも言われています。

エージレスを使うと、賞味期限を延ばすことができます。

萩の月を食べた感想

フワフワのおまんじゅうを一口食べると、中から甘いカスタードクリームが顔を出します。

和菓子とカスタードクリームという組み合わせ、今でこそ珍しくありませんが、1979年の販売当初は斬新だったのではないでしょうか。

その濃厚なカスタードクリームは一つ食べれば満足できる上品な仕上がりです。
ガツガツ食べるよりも、一つを存分に味わうのに適したお菓子ですよ。

洗練されたおみやげということもあり包装、そして中に入っている小箱までしっかりと作りこまれているところが高ポイントです。

萩の月は、仙台の定番おみやげで、ダイエット中でもない限り、基本的には誰にあげても喜ばれると思いますよ。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名萩の月
内容量6個入り
製造者株式会社菓匠三全e
製造者住所仙台市青葉区大町2-14-18
原材料小麦粉、砂糖、還元水飴、トレハロース、澱粉、乳化剤、バター、膨張剤、香料、卵、牛乳、乳製品、グリシン
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限2週間ほど
保存方法直射日光、高温多湿を避け、保存して下さい。
箱の大きさ横 14.7cm × 奥行き 30.8cm × 高さ 4.7cm
名産地宮城県
販売場所仙台空港福島駅盛岡駅仙台駅山形駅長者原SA菅生PA藤崎本店仙台三越
おみやげの種類生菓子和菓子
価格帯2,000円以内