不朽園 菊最中(小)

菊最中(小)_中身の写真

不朽園 菊最中(小)について

菊最中(小)は、名古屋市の和菓子店「不朽園(ふきゅうえん)」が手掛けています。

名古屋で最中と言えば、不朽園の名前が上がるほど、こだわりの最中を製造しているお店です。

不朽園は、1927年に老舗和菓子店「不老園」からのれん分けされ、現在の店名に変更。

戦中にお店を失い、戦後1946年名古屋市中川区尾頭橋へ移転されました。

菊最中は、創業当時からのお菓子で、サイズは2サイズ。

小はミニ菊のような丸い可愛らしい形、大は花びらが細かく繊細な姿を再現している最中です。

最中の皮は国産もち米100%、餡は北海道産小豆が使われています。

今回ご紹介する小のサイズは、直径5cm、厚さ2cmで、1個100円(税抜き)。

大は、小よりも一回り大きなサイズで、1個150円(税抜き)です。

不朽園 菊最中(小)を食べた感想

菊最中は、皮と粒あんのシンプルな最中です。

最中の皮は薄皮で、口に入れると、香ばしい香りが鼻から通り抜けました。

粒あんはツヤがあり、ふっくらとした小豆の粒を味わえます。

また、甘さが控えめなため、後味がべたつきません。

最中は餡の甘味が強いと、1つ食ベたら満足しますが、不朽園の最中は「もう1つ!」と手が伸びるほどサッパリとしていました。

最中の皮と餡が馴染み、しっとりとした皮も美味しいのですが、オーブントースターで10秒ほど焼くと、パリッとした皮となり、また違った食感を味わえますよ。

菊最中は、本店、三越星ヶ丘店、三越名古屋栄店、清水屋春日井店、パレマルシェ神宮店で購入できます。

箱入りの個数と金額は、お店のサイトをご覧ください。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名不朽園 菊最中(小)
内容量10個入り
製造者(株)不朽園
製造者住所名古屋市中川区尾頭橋3-4-8
原材料砂糖小豆水飴餅米(国産)寒天
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限6日間
保存方法高温多湿を避け常温で保存して下さい。
箱の大きさ横 11.5cm × 奥行き 11.5cm × 高さ 6.0cm
名産地愛知県
販売場所星ヶ丘三越名古屋栄三越
おみやげの種類最中和菓子
価格帯2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。