越前餅

越前餅 外装
越前餅 外装越前餅 開封した写真越前餅 中身の写真

越前餅とは?

明治43年創業の村中甘泉堂が作る、羽二重餅を使ったお菓子です。

福井を代表する「羽二重餅」。

越前平野でとれた餅米を使った羽二重餅に沖縄産黒糖で甘露炊きした胡桃を入れ、きな粉をまぶしたものが「越前餅」です。

食べる直前には添付されている黒蜜をかけていただきます。

越前餅の名前は、越前福井で誕生したお餅ということからきているんだそう。

村中甘泉堂のウェブサイトに詳しい名前の由来が掲載されています。

羽二重餅和菓子 越前餅の由来

奈良時代、大陸との玄関日本海に出る為、近江国の北の険しい愛発山地を越える事から「越国(こしのくに)」と呼ばれました。その後「越前・越中・越後」と分かれ、越前福井で誕生したお餅と言うことで菓銘にさせて頂きました。

平成10年には、第23回全国菓子大博覧会名誉大賞を受賞しています。

越前餅を食べた感想

箱を開けると、中には1つずつきれいに包装された越前餅などが納められていました。

  • 越前餅
  • 爪楊枝
  • 黒蜜
  • 紙ナプキン

紙ナプキンには越前餅の由来などが詳しく書かれていて、こだわりを感じますね!

1本ずつ紙の袋に入れられた爪楊枝や黒蜜を見るとわくわくしてきました。

越前餅を取り出すと、中からはきな粉がたっぷりとかかった小さなお餅が。

たっぷりの黒蜜をかけていただきます。

すごく美味しい!

黒蜜のコクときな粉の相性が良いのはもちろんのこと、やわらかな羽二重餅も甘くて美味しいです。

さらに忘れてはならないのが胡桃。

胡桃の歯ごたえのある食感と香ばしい香りが、濃厚な羽二重餅においしさをさらにプラスしています。

食べた後にも余韻がしばらく口の中に残るとっても美味しいお餅でした。

食べる時にはきな粉が飛び散りやすいので、注意して食べてくださいね。

越前餅が買える場所

越前餅は村中甘泉堂オンラインショップ、駅などで購入することができます。

店舗名村中甘泉堂 本店
住所福井県福井市中央1丁目21-24
スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名越前餅
内容量6個入り12個入り
製造者株式会社甘泉堂
製造者住所福井市中央1丁目21-24
原材料越前餅:砂糖、餅粉、水飴、クルミ、黒糖、醤油(大豆、小麦粉、塩)、きな粉、甘味料(トレハロース)、乳化剤(乳由来)、酵素、黒みつ:黒糖、砂糖、水飴、蜂蜜
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限20日
保存方法直射日光や高温多湿を避けて下さい。
箱の大きさ横 15.9(6個入り)cm × 奥行き 16.3(6個入り)cm × 高さ 4.7(6個入り)cm
名産地福井県
販売場所福井駅
おみやげの種類和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。