文明堂総本店 さざれ菊

評価★★★★★4
クチコミ1
文明堂総本店 さざれ菊 外装写真
文明堂総本店 さざれ菊 外装写真文明堂総本店 さざれ菊 中身(全体)の写真文明堂総本店 さざれ菊 中身(拡大)の写真

文明堂総本店 さざれ菊とは

さざれ菊は、カステラで有名な長崎の文明堂総本店の焼菓子。

長崎には、寛永年間(1624~1643年)に明より伝わったとされる「寒菊」という生姜風味の砂糖をかけた干菓子がありますが、文明堂総本店のさざれ菊は、その「寒菊」を可愛らしく食べやすい大きさにしたものだとか。

原材料は小麦粉、砂糖、もち米(国産)、水飴、生姜。さざれ菊は1粒の大きさが約2.5cm×2cmほどで、1袋3粒入り。

文明堂総本店公式ホームページに「ぽってりと咲いた雪色の菊」という形容があるように、確かに真っ白な生姜のすり蜜のかかったさざれ菊は、小さな雪乃花のようにも見えます。

古くから茶席でもよく出されているという文明堂総本店 さざれ菊は、畳の部屋でお抹茶や煎茶とともにいただくのがよく似あいそうです。

文明堂総本店 さざれ菊を食べた感想

文明堂総本店のさざれ菊は、香ばしく焼き上げた餅生地に生姜風味のすり蜜が幾重にもかけられており、かりっとした固めの歯触り。口の中でしゃりしゃりと噛むと、口の中いっぱいに生姜蜜の風味が広がります。

上品な甘さにほどよい生姜風味が効いているおかげで、後味はさわやか。それほど生姜が強いわけではありませんが、どちらかといえば、大人向けのお菓子といえるでしょう。

1袋に3粒入っており、1回で食べきるのにちょうどよい量。菊の花のデザインの小袋は見た目も上品で、職場などでおみやげとして配るのにも便利だと思います。

文明堂総本店 さざれ菊を買える場所

文明堂総本店のさざれ菊は、長崎駅佐世保駅で購入可能です。
また、文明堂総本店公式オンラインショップでもお取り寄せすることができます。

スポンサーリンク

おみやげのデータ

商品名文明堂総本店 さざれ菊
内容量1個入り8個入り15個入り20個入り
製造者(株)文明堂総本店UNS
製造者住所長崎市江戸町1番1号
原材料砂糖水飴もち米(国産)生姜
※ 原材料の並び順はパッケージと異なっている可能性があります。
賞味期限約1ヶ月間
保存方法直射日光・高温多湿を避けて保存
箱の大きさ横 10.5cm × 奥行き 18.5cm × 高さ 6cm
名産地長崎県
販売場所長崎駅佐世保駅
おみやげの種類干菓子和菓子
価格帯1,000円以内2,000円以内3,000円以内

通販サイトでお土産を探す

※ それぞれの通販サイトのページに移動しますが、必ずしも販売されているわけではありません。